株式会社 UNIARK

かんたんトラック管理システム

トラックの到着状況を見える化するアプリケーションです。
現場では予実を画面表示することで作業者や配送業者が計画や到着状況をリアルタイムに
確認することができます。リアルタイムに現状を確認できるため、遅れなど発生した場合でも迅速に対応することができます。
見やすいデザインと大型スクリーン表示により、広い現場でも一目で状況を
確認することができます。
管理者は、取得した実績から、計画の見直しや対策などを行うことができます。

ワークフロー
トラック到着 配送業者が自便の開始ボタンをタッチまたはクリックし、
荷下し作業を開始します。
進捗確認画面では、荷下し中と表示されます。
荷下し中 荷下ろし作業中となります。
トラック出発 荷下し作業が完了すると配送業者は
自便の荷下し中ボタンをタッチまたはクリックし、作業完了とします。
進捗確認画面では、完了と表示されます。
工場内作業開始 工場内のスクリーンの進捗確認画面で荷下し作業が完了したことを
確認し、工場内の作業を開始します。


workflow_uni

トラック発着マネジメント

現場での利用
本文_確定02_06見やすい、使いやすい進捗確認ボード

進捗が一目で確認できる表示モードと配送業者が入力しやすい入力モードの2つの機能を兼ね備えた進捗確認ボードです。計画のマスターより現在の時間から4つの便を表示します。
出発予定時間+許容時間を過ぎた場合は、未到着扱いとなり画面を更新します。

管理者での利用
本文_確定02_06ヤード別一覧

予定時間の一覧をヤード単位で表示します。全体の予定時間を把握することができます。

本文_確定02_06空き時間の確認

便と便の間に空いている時間をヤード単位で表示します。 不測の事態が発生した場合などで空き時間を知りたい場合は、すぐに確認することができます。

本文_確定02_06実績一覧

予定時間に対する実績時間を確認することができます。遅れが発生した便をすぐに確認でき、遅れ原因と対策を確認し、今後の計画見直しに役立ちます。
必要な情報はチェックしてCSVへ出力も可能です。