株式会社 UNIARK

トラブル予兆チェッカー
傾向管理システム

トラブル予兆チェッカーとは、稼働状況などのログを取得してその変化を分析し、障害に結び付く前触れがないかを監視することです。アラートの定義/設定/調整、運用データの収集、前兆現象の 点検/診断/分析、事例蓄積、運用状況の監視を包括した状況全般をデータベース化し、未然防止と暫定リスクの解消でします。かつ、工場内の各工程の品質履歴情報・検査項目通知情報・警告対策情報管理等のデータを活用し、各工程の品質管理や不良に関する対応が可能となります。
ワークフロー
稼働状況モニタリング モニタリング画面で自分が担当している監視対象サービス全体の状況をまとめて確認できます。チェックの判定状況を数値化することで、実施・判定の進捗状況が容易に確認できます。
アラートを発見 エラーまたは警告が表示された監視対象サービスは「再検査」として確認できます。
監視対処サービス確認 検出日時などを基に過去のサービス性能をさかのぼって確認し,エラーまたは警告が発生した時期のサービス性能とシステム性能の状態を確認、発生した原因を特定できます。
原因を特定対処する 検出日時などを基に過去のサービス性能をさかのぼって確認し,エラーまたは警告が発生した時期のサービス性能とシステム性能の状態を確認、発生した原因を特定できます。
対処完了確認後
監視再開
対処完了

workflow_troble

予兆管理でリスクマネジメント

ライン、機器の稼働状況を一元管理
品質04工程進捗を見える化

機能別設計工程別などに集約し、様々な角度で分析し異常値を数値化し、マネジメントします。

品質05データ化により進捗状況を見える化

生産に関する各種の品質データを記録し、トレーサビリティ構築をサポートします。

グラフ機能で生産管理が一目瞭然

それぞれの詳細データへ簡単アクセス、生産管理グラフによる生産傾向の確認や、特定ポイントの集中監視、機器のリモート操作が可能です。

データの検索や出力、解析
品質07警告一覧

トラブルの予兆を検知し、未然にトラブルをお知らせします。

工程別検査設定及び対策登録

品質08品質10エラーまたは警告が表示された監視対象は「再検査」としてマークされます。各警告ごとに対策情報管理がし易く、運用面で分析が容易です。

24時間稼働系システム
品質15異常検知を管理者へ瞬時にお知らせ

ラインの異常やエラーメッセージなどを、上位システムにリアルタイムで自動送信、 遠隔地でも生産状況を確認できます。

業務に最適なシステムを提供

品質03品質11豊富な導入実績に基づく充実した機能とユーザーニーズを反映したインターフェイスを備えています。

事例

  • 製造業務向け

    本文_確定02_09工場向けの生産、工程進捗モニタ品質管理を行うシステム

  • プロセス制御業務向け

    本文_確定02_12プロセス制御及びモニタ監視を行うシステム

  • 加工業務向け

    本文_確定02_06製品個々の生産過程や製品および設備状態の予兆の把握を実現

導入効果

  • 製品個々の生産過程や製品および設備の状態や変化点の把握を実現
  • 生産性の向上や効率化など、収集したデータを多方面に活用可能
  • 設備の増設や生産ラインの変更時の開発コストを軽減
  • 通信系のトラブル発生時にも、ラインを止めずにデータ収集が可能