株式会社 UNIARK

製品紹介

様々な情報の「見える化」が鍵となります。

設備稼働率の向上

設備の稼働状況を自動収集して画面表示、製造現場の可視化を実現します。蓄積された設備稼働情報を分析することで、設備稼働率・生産効率の向上と機会損失の削減が可能になります。

不良品の削減

出来ばえがばらついた要因に注目し、それを排除し、要因を究明し、品質向上につながります。

生産計画の精度アップ

生産計画を事前検証し、納期遅れのリスクを解消、リードタイムの短縮、生産工程の見える化で、受注前に需要量の納期内での生産可否を予測できます。

計画変更への迅速な対応

急な計画変更が発生した場合でも迅速に対応できます。また、複雑な計画条件下でも、必検討、リードタイムの短縮に貢献します。